つるつる肌の美魔女│ニキビ治療やシワ取りは美容外科へGO

health and beauty

思春期以外にも多い

皮膚科によるニキビ治療

beautiful girl

ニキビは、性ホルモンが活発になる思春期前後にできやすい皮膚疾患で、放置すると顔中にできてしまったり、つぶしたり爪でひっかいたりするとあとが残ることがあるため、早期の適切な治療が推奨されています。 思春期にできやすい皮膚疾患とされているため、大人になると治ると考えられていたニキビですが、近年では大人になっても治らない、または思春期にできなかったのにも関わらず大人になってからできてしまうといったケースもあるといわれています。 ニキビができてしまったら、皮膚科での適切な治療を受けることが推奨されています。皮膚科専門医の診察を受け、適切な外用薬、内服薬を処方されることにより症状が治まるケースも多く、早期の治療によりあとも残らないことがメリット考えられています。

発症する年代による違いについて

ニキビは大きく分けて、思春期前後にできるタイプと、大人になってからできるアダルトニキビに分けることができます。 思春期のニキビは、一過性であることも多く、洗顔をしっかり行うことで、気が付くとできなくなるといったーケースも見られます。 アダルトニキビは、顔の下半分の顎や頬、フェイスラインや首などが好発部位とされ、治りにくいのが特徴とされています。アダルトニキビは、ホルモンバランスが原因として深くかかわっているとされており、低用量ピルや、男性ホルモンを抑制する働きがある内服薬を服用することにより、症状が治まることがあるとわかってきており、皮膚科での治療でもアダルトニキビを得意とするクリニックの需要が高まっています。